宝塚記念のサトノクラウンで上半期プラス確定

 

今週のファイブスター黄金配合は、久々に爆発!

 

◆土曜日

函8,12, グレートブレス

東3,6, カズノスイセイ

東4,16, アーネストホープ

東11,11, プレスティージオ

 

◆日曜日

函11,1, ラホーヤビーチ 2着

東8,8, スマートエレメンツ 2着

東12,1, マイネルツァイト

東12,12, タニガワ

阪8,3, ダイシンクイント

阪10,8, トウショウカウント 1着

阪11,11,*サトノクラウン 1着

 

勝率18% 連対率36% 複勝率36%

単勝回収率153% 複勝回収率154%

 

今週で上半期の競馬が終わりますが、

黄金配合の先週までで、

 

勝率8% 連対率15% 複勝率245

単勝回収率108% 複勝回収率77%

 

という成績だったので、上半期はプラス回収が確定です。

 

回収率120%を期待できる馬券の買い方でも紹介しましたが、

この黄金配合から更に独自アレンジをしている人は、

もっとプラス回収で儲かっているでしょう。

 

もしアレンジして負けているなら、

アレンジ方法がマズイのか、

上半期で収束しないほどの穴狙いをしているか、だと思います。

 

思い当たる場合は、その辺を見直してみてください。

 

またこのファイブスター評価活用例サイトの記事を、

時間があるときにでもザーッと流し見してみましょう。

 

あちらこちらにヒントは眠っていると思います。

 

とにかくファイブスターを使えば、

ほかの競馬ファンより回収率の面でかなり優遇されていることは確か。

 

これまでの実績を考えれば、ご理解いただけるでしょう。

 

欲にまみれずしっかり研究すれば、勝ち組はすぐ目の前ですよ。

 

btn03_red_01

銀行振込希望はコチラから

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平

田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)

かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。