回収率120%を期待できる馬券の買い方

 

函館開催がスタートした夏競馬開幕週は、

馬連5510円などを的中させるも、それほど注目する当たりはなし。

 

来週の巻き返しに期待しましょう。

 

そこで今日は「★5評価馬」の効果的な狙い方を伝授します。

 

ファイブスターのコンセプトは、

能力が高いのに、人気評価が低い(オッズが甘い)馬を狙うこと。

 

その能力とオッズの格差が、自分たちの儲けになるという考え方です。

 

まず2014年~2017年6月までの★5評価馬の成績は以下の通りです。

 

勝率19% 連対率34% 複勝率46%

単勝回収率85% 複勝回収率83%

 

ここから注目されず妙味が生まれるコンピ5位以下だけを抜き出します。

※単勝オッズであれば10倍以上の時が狙い目

 

勝率8% 連対率15% 複勝率24%

単勝回収率103% 複勝回収率82%

 

中穴狙いになるので、成績は少し悪くなりますが、

その分、回収率がググッと上昇します。

 

そしてここからが回収率120%を期待できる本題です。

 

芝とダートに分けて、目立たない馬を買いましょう。

 

芝なら逃げ、先行馬、ダートなら差し、追込馬を狙います。

 

競馬ビギナーのために解説すると、

芝は末脚のキレ味が注目を集めるので、逃げ、先行馬は軽視される傾向です。

 

そしてダートは、逃げ、先行馬が有利であることが有名なので、

差し、追込馬が必要以上に人気を落とす傾向なのです。

 

◆芝レース(前走脚質)

 

◆ダートレース(前走脚質)

 

このように芝なら逃げ、先行馬が、

ダートなら差し(中団)、追込(後方)馬の回収率が高くなります。

 

ではこの部分だけを抜き出してみましょう。

 

勝率8% 連対率17% 複勝率26%

単勝回収率120% 複勝回収率93%

 

このような成績になります。

 

 

年単位の成績は上記の通り。

 

他の競馬ファンの心理の逆を行く考え方をすることができれば、

そこにはお宝が眠っている可能性が高いのです。

 

ぜひ参考にしてください。

 

btn03_red_01

銀行振込希望はコチラから

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平

田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)

かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。