3日連続開催のフィナーレできっちり最終回逆転

 

3日連続開催の最後の最後、

月曜日(祝)の中山12レースで最終回逆転劇が発生しました。

 

ファイブスター評価は以下の通り↓

 

3,中12,1,ウォーブル
3,中12,2,スワーヴエドワード
3,中12,3,モンツァ
4,中12,4,ダークナイトムーン(2番人気)
4,中12,5,ラッキーアドバンス(7番人気)
3,中12,6,トミケンボハテル
1,中12,7,マリネリス
3,中12,8,ウインオルビット
2,中12,9,コスモリョウゲツ
2,中12,10,ギャンブラー
4,中12,11,ラヴファンシフル(4番人気)
2,中12,12,オークレール
5,中12,13,ダイワギャバン(3番人気)
3,中12,14,ハマヒルガオ
4,中12,15,ニシノゲンセキ(6番人気)

 

★5評価が1頭に、★4評価の馬が4頭という様相です。

 

ファイブスターの★5評価中心がセオリーですが、

ダイワギャバンは3番人気で単勝5.7倍とイマイチ妙味がない。

 

そこで次に★4評価に目を向けるのですが、

「能力評価が同じなら人気薄を狙う」

という考え方もファイブスターのセオリーでしたね。

 

ということは、7番人気のラッキーアドバンスか?

それとも6番人気のニシノゲンセキを中心にするか?

になると思います。

 

まずラッキーアドバンスの過去成績を見てみると、

地方から再転入してきた馬で、前走は500万条件で0.6秒差の4着。

 

着差は少し付いていますが、近2走とも先行している点が魅力ですね。

 

反対にニシノゲンセキは、4戦してまだ未勝利の馬。

 

前走上がり最速をマークして0.1秒差の4着に食い込んでいますが、

これは未勝利戦のもので、500万条件の馬に混じって能力を発揮できるのか?

かなり疑問が残る成績です。

 

また後方からの競馬ばかりなのも気になりますね。

 

これでラッキーアドバンスの方が人気が甘いならオイシイ存在。

 

ということで、軸はラッキーアドバンスに決定です。

 

結果

1着 13番 ダイワギャバン(★5)

2着 5番 ラッキーアドバンス(★4)

3着 6番 トミケンボハテル(★3)

馬連(5-13 4940円)ワイド( 5-13 1660円)

 

結果的に★5評価のダイワギャバンを軸にしても的中していましたが、

配当妙味を取るならラッキーアドバンス中心で正解でしょう。

 

もしラッキーアドバンスか?

それともニシノゲンセキか?

と軸馬の取捨選択に迷った場合は、2頭軸でも良いかと思います。

 

ケースバイケースで作戦を組むようにしましょう。

 

ぜひ参考にしてください。

 

btn03_red_01

銀行振込希望はコチラから

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。