新年まずまずのスタートと過去データを配布

 

2018年の3日開催が終わりましたね。

 

ファイブスター評価は、

全体的にちぐはぐの結果が多かった印象ですが、

今年も黄金配合はまずまずのスタート。

 

1月6日

中1,4, ブラウローゼット
中2,11, シシハクト
中5,7, ショーンガウアー
中7,9, ベイビーステップ 1着
中12,4, モリトシラユリ
京4,3, ヒダロマン
京5,8, トーホウアルテミス
京7,10, アユツリオヤジ 3着
京7,15, バルコラベーロ
京9,3, アドマイヤキング
京12,3, ヒルノマゼラン 2着

 

1月7日

中5,6, ハーレムライン 1着
中8,9, アイヅヒリュウ 3着
中11,7, トロワゼトワル
京6,5, カレンガリアード
京7,4, デフィ
京7,5, マッカートニー

 

1月8日

中2,7, プリズムレイン
中5,12, トーセンウィナー
中7,14, ビックリシタナモー 1着
中9,10, モンストルコント
京4,16, ダンツエンペラー
京9,10, エーティーサンダー 2着
京10,14, エポック 2着
京10,16, ナムラミラクル

 

勝率12% 連対率24% 複勝率32%

単勝回収率89% 複勝回収率86%

 

プラス回収ではなかったですが、

まずまず馬券に絡んだのではないかと思います。

 

2017年ラストは黄金配合的中で締めくくり!

 

上記の記事で証明しているように、

長い目で見れば、ファイブスターはプラスになります。

 

ただし、上がれば下がる、

下がれば上がるの繰り返しなので、

負けた次はチャンスなのです。

 

反対に勝ったときこそ、カブトの緒を締めよ!で、

調子に乗らず慎重にやっていきましょう。

 

負けに耐え切れず、

すぐに浮気をするクセのある人こそ、

今年はファイブスターでプラス回収を目指してください。

 

あと過去データを追加したので、

TARGETに入れて、勝ちパターンを研究しましょう。

 

過去データはこちらから

 

btn03_red_01

銀行振込希望はコチラから

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家) かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。