天皇賞はいよいよ重賞勝ち馬指名クイズを開催!

 

悪天候の菊花賞は、

ルーラーシップ産駒の大物キセキが制しました。

 

水しぶきがあがる馬場で、

上がり最速をマークしての勝利は、凱旋門賞を夢見る。

 

グリーンチャンネルのパドック解説の人のコメントですが、

確かにこの重い馬場をこなせるのなら、

ヨーロッパの馬場に合いそうですよね。

 

怪我なく、このまま順調に行って欲しいと思います。

 

そんな菊花賞のファイブスター評価は、

 

2,京11,1,ブレスジャーニー
4,京11,2,ウインガナドル
2,京11,3,スティッフェリオ
2,京11,4,クリンチャー
2,京11,5,トリコロールブルー
2,京11,6,マイネルヴンシュ
2,京11,7,アダムバローズ
3,京11,8,サトノアーサー
2,京11,9,クリノヤマトノオー
2,京11,10,ベストアプローチ
2,京11,11,サトノクロニクル
4,京11,12,ミッキースワロー
4,京11,13,キセキ
3,京11,14,ポポカテペトル
3,京11,15,ダンビュライト
3,京11,16,アルアイン
3,京11,17,プラチナヴォイス
3,京11,18,マイスタイル

 

1着 キセキ(★4)

2着 クリンチャー(★2)

3着 ポポカテペトル(★3)

 

勝ち馬のキセキを★4評価に推奨するも、

2~3着は上位評価に推せず。

 

そして★4評価で、

重馬場巧者のウインガナドルが妙味十分だったので、

期待しましたが16着に撃沈。

 

不確定要素の大きい馬場だったので、

これはこれで来週に切り替えましょう。

 

その来週の天皇賞は、

前々からお知らせしていた重賞勝ち馬指名クイズを開催。

 

豪華賞品を用意しているので、

ぜひ参加して腕試しをしてください。

 

詳しくはこちら↓

重賞勝ち馬指名クイズ

 

クイズ参加のご案内は、会員コンテンツ内でお知らせしますね。

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家) かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。