ファイブスターは夏競馬が苦手なのですか?

 

ファイブスター利用者さんから

「ファイブスターは夏競馬が苦手なのですか?」

という問い合わせがありました。

 

確かにやや低調気味な感もあるので、

ファイブスターを使い始めたばかりの人は、

不安になるかもしれません。

 

ということで、改めてデータを調べたので、

ここでシェアしたいと思います。

 

データは2014~2016年の3年分です。

 

まず★5評価馬の成績ですが、

 

◆1~3月

勝率19% 連対率33% 複勝率46%

単勝回収率90% 複勝回収率81%

 

◆4~6月

勝率18% 連対率34% 複勝率46%

単勝回収率79% 複勝回収率82%

 

◆7~9月

勝率18% 連対率32% 複勝率44%

単勝回収率80% 複勝回収率80%

 

◆10~12月

勝率19% 連対率34% 複勝率46%

単勝回収率87% 複勝回収率86%

 

このように特に夏競馬だけが悪いということはないですね。

 

次に黄金配合(★5×コンピ5位以下)の場合を見てみましょう。

 

◆1~3月

勝率8% 連対率16% 複勝率23%

単勝回収率126% 複勝回収率85%

 

◆4~6月

勝率7% 連対率15% 複勝率22%

単勝回収率87% 複勝回収率74%

 

◆7~9月

勝率7% 連対率13% 複勝率24%

単勝回収率90% 複勝回収率83%

 

◆10~12月

勝率8% 連対率15% 複勝率25%

単勝回収率101% 複勝回収率90%

 

このように4~6月と7~9月の期間は、

確かに勝率と回収率がほかと比べて低調ですが、

悲観するほどの差はないかと思います。

 

高い評価で人気薄の穴馬を狙おう!が

ファイブスターのメインコンセプトなので、

的中に波は付きものです。

 

目先の当たり外れより、

期待値の高い馬を買う決まりを徹底するようにしましょう。

 

btn03_red_01

銀行振込希望はコチラから

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平

田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)

かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。