大混戦のマーメイドSをバシッと馬連1点的中!

 

2017年のマーメイドSは、

単勝10倍以内に6頭がひしめく大混戦の様相。

 

ファイブスターの評価は?

 

3,阪11,1,アースライズ
2,阪11,2,バンゴール
3,阪11,3,プリメラアスール
4,阪11,4,クインズミラーグロ
3,阪11,5,トーセンビクトリー
3,阪11,6,キンショーユキヒメ
1,阪11,7,リーサルウェポン
2,阪11,8,ローズウィスパー
2,阪11,9,ハツガツオ
4,阪11,10,マキシマムドパリ
3,阪11,11,ビッシュ
1,阪11,12,ショウナンバーキン

 

★5が不在で、★4が2頭だけという評価です。

 

この場合は、ヘタに手を広げずに1点勝負で良いでしょう。

 

1着 マキシマムドパリ(★4)

2着 クインズミラーグロ(★4)

3着 アースライズ(★1)

馬連1270円

 

結果的に2番人気と3番人気という本命サイドの決着でしたが、

ハンデ戦で実力拮抗のレースで、馬連配当もそれなりに。

 

 

★5か★4の馬が2頭しかいないレースなら、

あれこれと手を広げず、ズバッと1点的中を狙ってみましょう。

 

btn03_red_01

銀行振込希望はコチラから

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平

田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)

かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。