日本ダービーはレイデオロが勝利!1年分のデータで研究を!

 

群雄割拠でどの馬にもチャンスがあると言われていた、

2017年のダービーは、2番人気のレイデオロが勝利。

 

ファイブスター的には、

 

1着 レイデオロ(★3)

2着 スワーヴリチャード(★3)

3着 アドミラブル(★5)

4着 マイスタイル(★1)

5着 アルアイン(★5)

6着 ダンビュライト(★5)

 

このように★5の3頭が上位に入線するも、一歩足りない結果でした。

 

しかしこれは以前にも書きましたが、

ちょっとしたキッカケひとつで逆転できる可能性があります。

 

大切なのはファイブスターの評価がズバッとハマるのを、

じっくりと待つこと。

 

どこかのタイミングで上位独占が起こるので、その時はキッチリと馬券を獲りましょう。

 

それと過去データの無料公開は2016年の5月からなので、

1年分のファイブスターデータが、あなたのTARGETに貯蓄されていると思います。

 

その場合は、ぜひレース検索で検証してみてくださいね。

 

2016年5月~2017年4月の丸1年分の★5評価を調べると↓

 

 

★5は期待値が高いので、上記のような成績と回収率になります。

 

 

ここから前走距離を見てみましょう。

 

 

距離短縮ローテーションの馬が成績、回収率ともに良さそうですね。

 

これをコンピ指数順位別に見てみると↓

 

 

やはりコンピ5位以下の馬が妙味があるので良さそうですね。

 

ではコンピ5位以下だけを抜き出してみましょう↓

 

 

該当馬の単勝回収率130%になりました。

 

このようにTARGETのレース検索を使えば、色々なパターンを研究できます。

 

ぜひファイブスターの★4や★5評価をベースに、

プラス回収になる、自分だけのオリジナル狙い目パターンを発見してください。

 

※過去データの不足分は近日中に補充する予定です

 

btn03_red_01

銀行振込希望はコチラから

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平

田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)

かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。