あなたはすでにエリートなのを気付いていますか?

 

今週はこれといった派手な的中は無かったですが、

まず土日のオススメ黄金配合は、

 

[1-1-2-8/14]

勝率8% 連対率17% 複勝率33%

単勝回収率90% 複勝率145%

 

このように単勝がプラスにならないまでも、

まずまずの結果でした。

 

そして大一番のヴィクトリアマイルは、

なんとか勝ち馬のアドマイヤリードを推奨。

 

2,東11,1,アットザシーサイド
2,東11,2,スマートレイアー
3,東11,3,ジュールポレール
3,東11,4,ソルヴェイグ
4,東11,5,アドマイヤリード
2,東11,6,アスカビレン
2,東11,7,ルージュバック
2,東11,8,クイーンズリング
0,東11,9,オートクレール
1,東11,10,デンコウアンジュ
3,東11,11,ミッキークイーン
1,東11,12,ウキヨノカゼ
2,東11,13,ヒルノマテーラ
3,東11,14,レッツゴードンキ
2,東11,15,フロンテアクイーン
1,東11,16,クリノラホール
1,東11,17,リーサルウェポン

 

しかし★4評価でしたし、

他がすべて★3以下という予想の難しいレースでしたね。

 

ということで、本日は人気別のデータを紹介します。

 

これを見ると、ファイブスター利用者は、

普段からつねに優位なポジション、

エリートコースに乗っていることが分かると思います。

 

 

これは2014年から先週までの1番人気の成績を、

ファイブスター評価別に表したものです。

 

最下部が期間内の生データで、勝率は32%、単勝回収率は78%です。

 

★4と★3の間に大きな差がありますよね。

 

1番人気が★0~★3だった場合は、

好走率はガタ落ちになり、回収率も平均を下回ります。

 

つまり1番人気が★0~★3のレースは、

1番人気を外して買えば、期待値の高い馬券を買えるということです。

 

ファイブスターは★4以上で買い!という意味が分かるデータだと思います。

 

そして2番人気も見てみましょう。

 

 

1番人気の傾向とまったく同じで、平均以上は★4と★5だけです。

 

★3以下の評価の場合、通常の2番人気の活躍は期待できない駄馬なのです。

 

ということは、参加するレースを選ぶ場合に、

1番人気と2番人気が★3以下のレースは、両方が飛ぶ可能性大ですよね。

 

さらに★5と★4が合わせて2~4頭該当するレースなら、

馬券もコンパクトに組めて買いやすいのです。

 

このようなレースを選択して参加すれば、

あなたは常に期待値の高い馬券を買うことができるわけですね。

 

改めて説明しないと忘れそうなデータですが、

ファイブスター利用者は、いつも優位なポジションで

エリートコースに乗っていることが分かったと思います。

 

大切なポイントなので強調しておきますが、

1番人気と2番人気が★3以下のレースは、飛ぶ可能性大!

ですよ。

 

闇雲にレースに参加するのではなく、

凡人が気付いていない能力と人気の段差を利用して、

稼げるレースに参加するようにしてください。

 

ファイブスターならそれが簡単にできます。

 

btn03_red_01

銀行振込希望はコチラから

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平

田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)

かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。