今日は馬券に絡めずボロボロ…でも

 

今日のファイブスター黄金配合(★5×コンピ5位以下)は、

ぜんぜん馬券に絡めず惨敗。

 

福7,7, サウンドカール 5着(10番人気)

福9,1, メイショウハクラク 3着(2番人気)

福9,10, モーゼス 5着(7番人気)

福11,14, フルールシチー 5着(5番人気)

東11,3, ワンアンドオンリー 8着(7番人気)

京9,7, スマートカルロス 4着(4番人気)

京10,9, ワードイズボンド 4着(7番人気)

京12,3, ルドルフィーナ 4着(7番人気)

 

8頭中、7頭が掲示板内で惜しいのは惜しいのですが、

3着以内に入れないと、あまり意味がないですよね。

 

そこで今日はそれよりも注目してもらいたい部分があります。

 

それは人気よりも着順が良い馬が多いこと。

 

ファイブスターのコンセプトは、

能力は高いが人気評価が低い馬を狙うことですからね。

 

例えば約5年分の5番人気の平均着順は6.4着です。

 

これをファイブスター評価別に見てみると、

 

5番人気の平均着順 → 6.4着

★5 → 6.1着

★4 → 6.0着

★3 → 6.4着

★2 → 6.6着

★1 → 6.9着

 

こうなります。

 

次に6番人気を見てみましょう。

 

6番人気の平均着順 → 6.9着

★5 → 6.5着

★4 → 6.5着

★3 → 6.9着

★2 → 7.1着

★1 → 7.2着

 

では最後に7番人気を見てみましょう。

 

7番人気の平均着順 → 7.5着

★5 → 7.0着

★4 → 7.1着

★3 → 7.5着

★2 → 7.6着

★1 → 7.6着

 

気付いていただけますか?

 

★3の平均着順が、全体の平均着順と同じです。

 

そして★5と★4の場合は、平均着順より先着しています。

 

反対に★2と★1の場合は、平均着順より悪い成績です。

 

つまり同じ5番人気でも、★5と★4を買えばオトクで好走率が高い。

 

反対に5番人気でも★2や★1の場合は好走率が低くて、

買えば買うほど損することになります。

 

この差はわずかのように見えて、

この先ずっと競馬をするならボディーブローのように効いてきます。

 

あなたはあと何年競馬をやりますか?

 

ファイブスターで、いつもオトクな馬を買うようにしてください。

 

今日はたまたま4~5着が多かったですが、

これがスライドして先週のように馬券圏内連発の日がやってきますので。

 

毎週毎週、爆勝できるものではありませんが、

あなたの馬券収支をガチッと底上げすることは間違いありません。

 

btn03_red_01

※1ヵ月無料でご利用になれます

 

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平

田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)

かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。