チャンピオンズカップは誰もが納得の1点的中!

 

ダート王を決めるチャンピオンズカップは、

今年のフェブラリーSを制したゴールドドリームが勝利。

 

フェブラリーS後は、

ドバイへの遠征や、地方交流重賞で精彩を欠く成績だったため、

今回は名手ムーア騎手騎乗でも8番人気という低評価でした。

 

ではファイブスター評価はどうだったのか?

見てみましょう。

 

1,名11,1,コパノリッキー
2,名11,2,ケイティブレイブ
2,名11,3,ミツバ
2,名11,4,ノンコノユメ
2,名11,5,メイショウスミトモ
2,名11,6,モルトベーネ
3,名11,7,ロンドンタウン
2,名11,8,グレンツェント
4,名11,9,ゴールドドリーム(8番人気)
2,名11,10,キングズガード
3,名11,11,アウォーディー
3,名11,12,カフジテイク
5,名11,13,テイエムジンソク(1番人気)
1,名11,14,サウンドトゥルー
3,名11,15,アポロケンタッキー
2,名11,16,ローズプリンスダム

 

単勝4.8倍と割れた1番人気だったテイエムジンソクが★5評価。

 

そしてゴールドドリームが唯一の★4評価でした。

 

アポロケンタッキーが取り消しになり15頭立てだった

チャンピオンズカップですが、

ファイブスター的には、2頭立てのレースということですね。

 

結果

1着 9番 ゴールドドリーム(★4)

2着 13番 テイエムジンソク(★5)

3着 1番 コパノリッキー(★1)

馬連4140円 ワイド1830円

 

 

なかには当てたくて、買い目を増やした人もいると思いますが、

ファイブスターは★5と★4馬以外は、買わない方が良いのです。

 

どうしても気になる馬がいても、★3までです。

 

あとはこのスタイルをキープし続けて、

ずばっとハマッたときに、美味しい配当をいただく。

 

これが基本戦略です。

 

また今週は、黄金配合も爆発しましたね。

 

2日間で23頭が該当して、

1着3頭、2着6頭、3着1頭と、

馬券圏内に10頭が入る好調ぶり。

 

勝率13% 連対率39% 複勝率44%

単勝回収率180% 複勝回収率126%

 

このように大幅なプラス回収の結果でした。

 

ぜひ参考にしてください。

 

btn03_red_01

銀行振込希望はコチラから

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家) かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。