ファイブスター評価とは?

下記の表は10コ以上のオリジナル評価項目を作って、

馬1頭1頭に得点を付けた結果です。

 

2011~2015年の5年分のデータで、 6段階評価(0~5)になっています。

 

アマゾンのレビューの★★★★★のような感じですね。


最高評価は★5のような仕組みです。  

 

  fs49  

 

注目して欲しいのは勝率などの成績より、単勝の回収率です。

 

★3の単勝回収率が75%なので平均で、

★2や★1は回収率が低いので、買ってはいけない馬です。

 

また、★0~★2で1番人気だった場合、

 

勝率24% 連対率41% 複勝率53%

単勝回収率73% 複勝回収率78%

 

このように、1番人気の平均成績を大きく下回ります。

 

そしてやはりメインは、★5ですね。


通常の状態で単勝回収率が91%あるのですが、

これをコンピ指数順位別に見てみると、

 

fs56  

 

  コンピ5位以下の単勝回収率がいい感じになっています。

 

実力>人気

 

という構図になると、儲かる馬になります。

 

ファイブスター評価のメイン武器は、

この評価★5で、コンピ5位以下の馬になります。

 

※ファイブスターは初出走の馬や障害レースの評価はありません  

 

btn03_red_01

※1ヵ月無料でご利用になれます  

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。