ファイブスターの評価が高くて人気評価の低い馬を狙う

10月9日の最終レースのファイブスターですが、

どちらも「★5でコンピ5位以下」の馬が出現!  

 

しかし、残念ながら両レースとも5着でした。  

 

それでも、実力が分かりやすい結果でしたね。

 

★4~★5の成績はこんな感じです↓  

 

◆京都12R

1着 スミレ ★4(2番人気)

2着 ワンミリオンス ★5(1番人気)

5着 パフュームボム ★5(8番人気)←人気薄で妙味アリ  

 

京都の最終レースは1~2着をきっちりキープ。 

 

◆東京12R

1着 ベストマッチョ ★5(1番人気)

2着 レッドゲルニカ ★4(4番人気)

3着 ラディカル ★4(2番人気)

4着 タイセイスペリオル ★5(3番人気)

5着 ワンパーセント ★5(6番人気)←人気薄で妙味アリ  

 

そして東京の方は、人気サイドですが★4以上の5頭ですべて独占。  

 

6番人気のワンパーセントは3着に残れるか?  

という接戦でしたが、最後はかわされて5着でした。

 

ここで言えることが、もう少し展開の利があれば、

ワンパーセントは、勝ち負けまで行けたと思います。  

 

ほんとちょっとした差なんですよ、実力は。

 

3着と5着の差は「1/2馬身」だけ。  

 

着差を見れば分かると思いますが、人気ほど能力差はなかった訳です。  

 

これがお得な人気薄から狙う!重要性ですね。

 

ファイブスター評価(能力評価)が高くて、人気評価の低い馬。  

 

これを狙うようにしましょう。  

 

間違ってもファイブスター評価が低くて、

人気評価の高い馬を買わないように、気をつけてくださいね。

 

この法則に気付いていない人は

負け組みへまっしぐらです。

 

 

btn03_red_01

※1ヵ月無料でご利用になれます

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平

田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)

かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。