強い1番人気と弱い1番人気を見分ける方法

 

ファイブスター評価を使えば、

強い1番人気と、弱い1番人気を見分けることができます。

 

 

上記は1番人気のファイブスター評価別の成績です。

 

さすがに★1評価になることは少ないですが、

★5評価と勝率を比べると、10ポイント以上の差があります。

 

ファイブスター評価が高ければ信頼度アップ、

反対に低ければ、信頼度はダウンと考えて良いでしょう。

 

それと中には、★5評価はガチガチの1倍台の馬が多くて、

★1評価の場合は3~4倍台の馬ばかりではないのか?という

疑問を持っている方もいるかと思います。

 

では単勝1倍台のファイブスター評価別の成績をご覧ください。

 

 

★1評価はあまりにも該当数が少なすぎて、

カタヨリが生まれていますが、

ある程度母数が確保できている★5と★3評価を比べてみてください。

 

成績、回収率ともに差があることが分かると思います。

 

同じ1倍台であれば、

同じくらいの成績になるはずが、そうは成らないということですね。

 

そしてこのファイブスター評価によって成績が変わる事象は、

2番人気でも同じです。

 

 

ファイブスター評価が高いほうが、成績と回収率がアップします。

 

そして3番人気も微差ではありますが、評価によって差が生まれます。

 

 

ファイブスター評価が、

好走期待値の高い馬を、人気に関係なく正しく評価している証拠ですね。

 

ここからブラッシュアップすれば、

精度バツグンで配当妙味の高い軸馬を作ることも可能でしょう。

 

ぜひチャレンジしてみてください。

 

btn03_red_01

銀行振込希望はコチラから

 

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。