注目していただけに最近の結果にガッカリです

 

こんなメールが届きました。

 

——————————–

ファイブスターはずっと注目していましたが、

期待していたほど成績が良くありません。

期間:9/3~10/10まで

★5 単勝回収率63% 複勝回収率78%

★4 単勝回収率76% 複勝回収率80%

さらにここから人気薄だけを狙っても、

回収率はあまり良くなりませんね。

私の使い方が間違っているのでしょうか?

回収率を上げる方法が他にあるなら教えてください。

——————————–

 

という感じの内容です。

 

なるほど。

 

ま~確かにここ1ヶ月の成績をベタで見るとそうなります。

 

でもこれはデータ母数によりますが、

データというのは、1ヵ月程度の期間では収束しないものです。

 

例えば2016年の1番人気の平均勝率は32.6%です。

 

これを直近で月単位で見てみると、

 

7月 29.7%

8月 35.1%

9月 31.5%

 

このように成績が上下に振れています。

 

的中率30%以上ある1番人気の成績でさえ、

このような振り幅があるので、

的中率が低い場合は、もっと大きく上下に振れるのです。

 

オススメしている「★5&コンピ5位以下」の黄金配合だと、

 

1月 回収率72%

2月 回収率51%

3月 回収率199%

4月 回収率84%

5月 回収率63%

6月 回収率76%

7月 回収率149%

8月 回収率142%

9月 回収率75%

10月 回収率106%

トータル 回収率103%

 

という感じになります。

 

私の周りもそうですが、

競馬で勝っている人で、毎週常勝の人はいないです。

 

毎月常勝の人もいないですね。

 

それはあの馬券裁判男卍氏も同じで、

数ヶ月~半年スパンでプラス行きが常識です。

 

なので1ヵ月でどうこうと判断するのは早計かと思います。

 

また、アレンジの方法については、

現時点ではユーザーさんにお任せしていますので、

この、色々と独自検証されてください。

 

btn03_red_01

※1ヵ月無料でご利用になれます

 

 

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平

田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。