5頭立てで馬連2110円なら上々の結果でしょう

 

今日のファイブスター評価は、

印象に残るレースで的中となりました。

 

それは京都10レースの若駒S。

 

昨年の勝ち馬は、のちのダービー馬であるマカヒキ。

 

過去には、皐月賞2着、有馬記念2着のトゥザワールドや、

同じく皐月賞2着のワールドエースを輩出している、

レベルの高いレースです。

 

しかし強そうな馬が出てくると、

出走頭数が揃わないことあり、今年も出走はたったの5頭。

 

ファイブスター評価では、

 

5,京10,1,アダムバローズ
4,京10,2,シャイニーゲール
4,京10,3,アドマイヤウイナー
3,京10,4,インウィスパーズ
5,京10,5,ダノンディスタンス

 

という評価。

 

結果は、

 

1着 アダムバローズ(5番人気)

2着 ダノンディスタンス(3番人気)

馬連2110円 ワイド500円

 

 

とパーフェクトな的中となりました。

 

他にも的中馬券が届いているので紹介します。

 

—————————————-

お世話になります、Hです。

今日の若駒ステークスは完璧にファイブスターで決着でしたね!

単勝は買ってませんでしたが、評価通りに素直に買って的中。

これは少頭数なのにオイシイ決着でした!

さすがファイブスターです(^^)

 

—————————————-

 

少頭数の場合でも、上手く順位付けをすればプラスになる良い例ですね。

 

繰り返しになりますが、

ファイブスターは★5評価の人気薄がオススメです。

 

私は★5評価でコンピ5以下の人気薄を推しています。

 

関連記事↓

ファイブスターの評価が高くて人気評価の低い馬を狙う

ファイブスターの好走データと使い方を公開

 

すべてのレースを当てようとせず、

★評価が高くて人気がない馬がいるレースを、狙うようにしましょう。

 

それが馬券で勝てる法則です。

 

 

btn03_red_01

※1ヵ月無料でご利用になれます

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平

田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。